墓じまいとは、遠方であったり健康状態などの問題からお墓を管理できなくなった場合に、そのお墓を撤去して移転したり、永代供養墓地に改葬したりすることです。
その許認可なども行政書士の業務になっております。

必要な書類・報酬額など

 永代供養墓を利用される方が多いので、先に永代供養墓の方から永代供養許可証を発行してもらいます。

 その後、お住まいの市町村から改葬許可証や、墓じまいをするお墓を管理しているお寺などから埋葬許可を頂き、改葬許可申請書を現在のお墓のあるところに申請をしたのちに許可がおりると、新しい改葬先に許可申請をすることになります。

 おそらく一生に一度のことですので、煩雑な手続きになりますし、平日に時間がしっかり取れない場合は行政書士に任せることによって、じっくりと対応していくことが可能になります。

 当事務所では、改葬手続そのものの報酬として40000円、1人追加につき15000円として受任しております。それ以上のお代金はいただきません。

 法律上行政書士には高度な守秘義務が課されているので、ご安心しておまかせください。