僕を変えたss 「塾に行くにゃ」

なんてとんでもないタイトルだ、と思われた方もおられると思います。

「塾に行くにゃ」は、私の知る限り2012年10月28日に
まとめサイト「ゴールデンタイムス」に載せられた
某掲示板(ここは定かではありません)発の
「ラブライブ」のss(ショートストーリーまたはサイドストーリー)で、
原作内では(どちらかというと)勉強が苦手なキャラとして有名な1年生の「星空 凛」ちゃんが塾に行くところから始まるものです。

かわいいよ凛ちゃん(公式サイトより)

最初はただマキちゃん(1年の西木野真姫ちゃん。医者の娘でめちゃくちゃ頭が良い)や、かよちん(小泉花陽ちゃん。同じ一年生。凛ちゃんの親友でもあり、ご飯が好き)にくっついていただけの凛ちゃんが、
いつの間にか数学や物理の世界に目覚め、塾(予備校)に行くようになり、
将来の目標を定め、『勉強ができない』スランプに陥るも持ち前の努力と根性で克服し(ここがすごくリアル)、
先輩のエリチカ(絢瀬絵里ちゃん、生徒会長)やうみちゃん(園田海未ちゃん、二年生)、にこにー(世界のYAZAWA、矢澤にこパイセン)に励まされつつ、最終的には母校の数学の先生になります。

僕はラブライブの中で凛ちゃんがイチバン好きなのですが、
女の子になりたい、女の子のように輝きたい、という願望を一番多く持っている子だと思っています。

ラブライブのメンバーの中でも勉強が苦手だった凛ちゃんが
持ち前の根性で理系のトップ大学である東大を目指すストーリー。
純粋な受験小説としても楽しめます。今でも検索すれば見ることができると思います。

凛ちゃんファンでない方も、ぜひどうぞ。ぜひ、高校生の方に読んでほしい作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。