福岡県の例を見なくとも、現在(令和2年)の待機児童は厚生労働省の『保育所等関連状況取りまとめ(令和2年4月1日)及び「子育て安心プラン」集計結果』によると全国で約12000人います。保育園の設立業務にも行政書士のお手伝いができますので、ぜひご活用いただければと思います。

「認可保育所を作りたい」ときは…

 認可保育所とは、児童福祉法に基づき、保育士が保育を行う施設で、国(おもに厚生労働省)が管理しています。施設の広さ、給食状況、防災管理、設備管理などの状況を鑑み、国が定めている審査基準に合致した上で都道府県知事が認可する保育所のことです。保護者が病気や仕事などで見ることができない0歳から小学校入学までの児童をお預かりすることになります。
 認可保育所を設立する場合はおおまかに600万ほどの費用がかかりますが、認可保育園の場合は補助金を受けることができます。この補助金の申請や、保育所を利用する方への契約書の作成などもお手伝いさせていただきます。
 ただし国が管理している保育所のため、かなり厳しい審査基準が敷かれています。
 認可保育園を開業したい場合は、「児童福祉施設設置認可申請書」を開業する市区町村に提出する必要があります。申請書と認可に必要な書類を準備し、手続きを行います。市区町村での審査で適当と認められた場合、市区町村から知事へと審査が移行し、認可が下りるという流れです。
 また、認可保育所の中には「小規模認可保育所」というものもあり、これは比較的短い期間で開業できるというメリットがあります。小規模認可保育所は定員が19名以下となっていますが、助成金も受けることができます。

「認証保育所を作りたい」ときは…

 以前は「認可外保育所」と呼ばれていましたが、イメージの問題もあり、「認証保育所」「地域外保育事業」と呼ばれています。国が求める審査基準ではあまりにも厳しいために、一ランク下げたようなものであり、福岡県独自の基準で認可がおります。夜間保育園や託児所、ベビーシッターや幼児教育を目的とした施設も含まれます。
 認可保育園は審査基準が厳しい反面、認証保育園はそこまで厳しくありません。保育料もオーナーの配慮で決めることができます。しかし、保育料は高くなりがちなので、人数が集まりにくいという欠点もあります。

「認定こども園を作りたい」ときは…

認定こども園とは、幼稚園と保育園のいいところをかけあわせたようなものです。
①就学前の児童に幼児教育・保育を行う
②地域における子育て支援を発展させる
この認定こども園には、タイプが4つあります。
・幼保連携型認定こども園…保育園と幼稚園の両方の認可を持っている
・幼稚園型認定こども園…長時間保育も行っている
・保育所型認定こども園…3歳以上の子どもに対して、保育園の施設で幼稚園の教育を行う
・地方裁量型認定こども園…保育園、幼稚園の認可を受けていない子ども園

内閣府が定める基準は以下の通りです。

少子高齢化が進んでいるとはいえ、幼稚園・保育園の教育はまだまだ発展途上です。未来の教育の発展のため、ぜひ当事務所をご活用ください。